クジャクシダ


山野草・シダ編#47 クジャクシダ

茶席の花[山野草] ヤマユリ 続きまして、クジャクシダ。

葉がしっかり展開しています! シダ[山野草] クジャクシダ 以上、 ヤマユリ、クジャクシダ。

能代市文化財保護委員 ◆ クジャクシダ ワラビの季節になった。

「 クジャクシダ 」 という路傍で普通に見るシダである。

日本名の 「 クジャクシダ 」 の力が情緒に富んだいい名である。

孔雀が羽根を広げたような綺麗な姿をしたクジャクシダがありました。

クジャクシダ(ホウライシダ科) ちょうどクジャクが尾の羽根を広げたような形をしているので、この名がつけられました。

茎は、黒漆塗りのようにツヤがあります。

➢ クジャクシダ……長く伸びた葉脈から上に広がる葉が、鳥の羽根を思わせるようなクジャクシダ。

寄せ鉢で作ったウォーターガーデン 使用した植物は、水鉢の周り右回りにシラサギカヤツリ、クジャクシダ、ヒメアシ、トクサ、モミジ、ギボウシの鉢を置きました。

種子の中で輸入量が多いのは飼料作物で、次い クジャクシダがオランダからといったところであ る。

ここにもエンレイソウが咲いていた。

クジャクシダを教えてもらった。

道が、左から上ってくる渓谷に近づいた標高520m程の地点で、カタクリは姿を消した。

ここで、カタクリの調査を終えたその人と別れた。

和名は和歌山県の那智山で発見されたクジャクシダの意味である [2] 。

もっともクジャクシダとは分類上も形態の上でもあまり関連がない。

というわけで、取り敢えずこの前手に入れたクジャクシダとホソバハグマが安定してきたようなので、観葉植物を引っこ抜いて山野草だらけにしようか悩み中です。

サクラ・モミジ、川沿いにはイロハカエデ・イタヤカエデ・イヌガヤ・ウラジロガシ・トチノキ等 やサトメシダ・クジャクシダ等の珍しいシダも生息しています。

徳島県下では珍しいオオヤマレンゲが自生し、ケンザンデンダ・ミヤマウラボシ・クジャクシダ・エビラシダ・チチブホラゴケなどがある。