ハイキュー!! セカンドシーズン


情報

画像:
ハイキュー!! セカンドシーズン

他の名前:
Haikyuu!! Second Season

ジャンル:
[ 喜劇 ] [ ドラマ ] [ 学校 ] [ 少年 ] [ スポーツ ]

あらすじ:
ある日偶然春高バレーのテレビ中継を見かけた小柄な少年・日向翔陽は、「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始める。低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なる運動神経とバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向であったが、入学した中学校のバレー部に指導者どころか自分以外の部員がいないなど環境に恵まれず上達の機を逸していた。中学3年の夏、やっとのことでメンバーを集めて出場した最初で最後の公式戦で、日向率いる雪ヶ丘中は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまう。影山に中学校での3年間を否定された日向は、影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校排球部に入部。晴れて迎えた部活動初日、体育館に入った日向の目の前には影山の姿があった。初めは反発し合っていた二人だが、それぞれの持ち味を生かした“トスを見ない”クイック攻撃、通称・「変人速攻」を編み出し、独りでは見ることのできない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間たちと共に全国大会を目指すこととなった。 序章(1巻) 中総体バレーボール競技宮城県予選1回戦、雪ヶ丘中学対北川第一中学の試合で対峙した日向と影山。惨敗した日向は影山へのリベンジを誓う。 3対3(1 - 2巻) 高校生となった日向と影山は、偶然にも同じ烏野高校へ進むが初日から主将・澤村大地の指示を聞かずいがみ合う。その様子に腹を立てた澤村は「互いをチームメイトと自覚するまでは練習に参加させない」と言い放ち2人を体育館から追放。他の新入部員と3対3の試合をして勝てば入部を認めるという条件を出された2人は、先輩である田中龍之介や菅原孝支の協力を得ながら、入部を目指し共に練習を重ね、月島蛍、山口忠との試合にも勝利。無事正式入部に漕ぎ着けた。 VS大王様(2巻) 日向と影山が無事入部を果たした直後、日向にとって最初の練習試合が舞い込んできた。相手は影山の中学時代の先輩である及川徹を擁し他にも多くの北川第一中出身の選手が所属する県ベスト4の強豪・青葉城西高校で、影山をセッターとしてフルで出すこという条件のもと練習試合を約束していた。試合では主将であり正セッターの及川を欠く青葉城西に対し日向影山のコンビ攻撃を駆使しつつ善戦を繰り広げた。 リベロ・エース編(3巻) 青葉城西との練習試合後まもなく、部活禁止処分を受けていたリベロの西谷夕が部に復帰する。しかし、エースである東峰旭は過去の試合のトラウマから未だ部活に戻れずにいた。一方、顧問の武田一鉄は烏野全盛期の監督・烏養一繋の孫で烏野OBでもある烏養繋心をコーチに招聘。繋心の高校時代のチームメイトを中心とした町内会チームとの練習試合を経て東峰も復帰を果たした。 合宿・音駒襲来(4巻) リベロとエースが復帰し、ようやく全員でのスタートを切る烏野。因縁のライバルとされている音駒高校(東京)との練習試合を最終日に控えてゴールデンウィーク合宿を敢行した。日向はロードワーク中に音駒のセッター・孤爪研磨に遭遇。練習試合では、古豪音駒の鍛錬された「繋ぐ」バレーに烏野は苦戦を強いられ、日向影山の「変人速攻」さえも対応されてしまうなど多くの課題を突きつけられることとなった。 インターハイ予選(5 - 8巻) 音駒との練習試合を有意義に終えた烏野は、ついに高校総体(インターハイ)宮城県予選へと出陣する。 常波戦(5巻) 初戦の相手は、澤村の中学時代のチームメイト・池尻隼人のいる常波高校。合宿、音駒戦を経て大きく力をつけた烏野は常波を終始圧倒、初戦を突破した。日向にとっては人生初の公式戦勝利となった。 伊達工戦(5 - 6巻) 2回戦の相手は、3月の県民大会で東峰のスパイクを完全に封じた伊達工業高校。「鉄壁」のブロックを誇る伊達工相手に苦戦しながらも勝利。日向は「鉄壁」の一人である青根高伸と互いにライバルと認め合った。 青城戦(6 - 8巻) 3回戦、烏野の前には及川率いる青葉城西が立ちはだかる。度重なるピンチに見舞われながらもチーム一丸となって奮闘、フルセットにまで持ち込むもあと一歩及ばす敗北。日向、影山の「変人速攻」も完全に封じられてしまった。マネージャーの清水潔子を含む3年生4人は悩んだ末に残留を決意、全員で春高出場を目指すこととなった。 東京遠征(9 - 11巻) 春高に向けた練習が続く中、音駒高校監督・猫又育史の計らいで梟谷学園(東京)、森然(埼玉)、生川(神奈川)、音駒と関東の強豪4校で構成される「梟谷学園グループ」の合同合宿に参加できることになった烏野は、東京遠征を行うことに。新マネジャー・谷地仁花も加わり士気が上がる烏野。強豪との連戦で感化された日向は今まで目を瞑っていた「変人速攻」を目を瞑らずに行うことを宣言。影山との衝突を経て新たな「変人速攻」を完成させた。 春高予選(11 - 23巻) 東京遠征で多くの刺激を受け、チームはさらに進化。そしてついに、3年生は最後となる春高予選が始まる。 一次予選(12巻) 春高一次予選にて烏野は扇南高校、「2m」の百沢雄大擁する角川学園と対戦。東京遠征の成果を見せ、難なく予選通過を果たした。 代表決定戦(13 - 21巻) 烏野はインターハイ予選ベスト8と春高一次予選を勝ち抜いた8校の16校が一つの代表枠を争う代表決定戦に臨む。 条善寺戦(13巻) “アソビ”がモットーの条善寺高校の型に嵌まらない攻撃に試合開始当初こそ苦戦を強いられるも、条善寺以上に型破りなプレースタイルを見せつけ勝利。同時に、型破りであるチームの強固な「土台」として澤村の安定感が光った試合でもあった。 和久谷南戦(13 - 14巻) 準々決勝、絶妙なコースの打ち分けによるブロックアウトを得意とするなど、かつての「小さな巨人」にプレースタイルが似ている中島猛を擁する和久谷南高校と対戦。この試合で田中と澤村が衝突。澤村が負傷離脱してしまうも、代わりに縁下がゲームキャプテンを引き継ぎ辛勝。 青城戦(15 - 17巻) 迎えた準決勝、インターハイ予選での雪辱を果たすため、烏野は青葉城西と因縁の対戦に臨む。試合はインターハイ予選と同様フルセットまでもつれ込み、最後は「新・変人速攻」を決めて勝利、雪辱を果たした。 白鳥沢戦(17 - 21巻) 春高予選決勝戦にて、烏野は全日本ユースチームにも選抜されている「絶対王者」牛島若利を擁し県内最強を誇る白鳥沢学園高校に挑む。王者白鳥沢に対し、烏野は攻守に渡って圧倒的な力の差を見せつけられるも月島の冷静かつ巧みなリードブロックを軸に辛うじて食らいつく。フルセット(決勝のみ5セットマッチ)に及ぶ死闘を繰り広げた結果、白鳥沢から大金星を上げた。 東京都代表決定戦(21 - 23巻) 11月中旬、音駒高校と梟谷学園高校は東京都代表をかけた戦いに臨んでいた。音駒、梟谷学園、戸美学園、井闥山学院の4校による準決勝、決勝、3位決定戦が描かれる。 音駒対梟谷戦(21 - 22巻) 勝利すれば代表入りが決定する準決勝、音駒高校と梟谷学園が代表枠を争う。粘り強く対応していく音駒であったが、攻撃の破壊力で勝る梟谷学園の前にストレート負けに終わる。 音駒対戸美戦(22 - 23巻) 梟谷学園に敗北した音駒高校は、最後の代表枠をかけて同じく井闥山学院との準決勝に破れた戸美学園との3位決定戦に挑む。音駒と同じく粘り強さ、嫌らしさが持ち味である戸美学園との戦いは混戦の様相を呈す中、音駒の守備の要であるリベロ・夜久衛輔が負傷離脱してしまう。しかし、チームワークに目覚めた灰羽リエーフの活躍により攻撃の火力で上回った音駒が勝利を挙げ、春高本大会への切符を勝ち取った。 強化合宿(23 - 25巻) 11月中旬、春高出場を控えた烏野に、影山の全日本ユース強化合宿招集の報せが舞い込む。また、宮城県内の有望な1年生を集めた「擬似ユース合宿」に月島が選抜された。どちらからも声がかからず焦った日向は県の1年生選抜合宿に強行参加するも、参加は認められず。ただ、「ボール拾い」としてならば参加することを許された日向は、ボール拾いを通してコート内の情報に基づく予測と「直感」を身につける。一方、ユース合宿に参加した影山は高校No.1セッターである宮侑に言われた「プレーはおりこうさん」という言葉から中学時代のトラウマ(詳細は登場人物「影山飛雄」の項を参照のこと)と高校入学後に重要さを実感した「仲間との協調」との狭間で思い悩んでいた。 伊達工練習試合(25 - 26巻) 12月中旬、ユース合宿・1年生強化合宿・サーブ強化週間を経た烏野は、春高前の総決算として更にリードブロックのレベルを上げた伊達工との練習試合に臨む。思うように繋がらない烏野の攻撃に苛立ち自己中心的な発言をしてしまう影山であったが、日向や繋心の言葉から中学時代のトラウマを払拭、協調するだけでなく“ケンカ”することも仲間とのコミュニケーションであることに気づいた。 春高全国大会(26巻 -) 年が明けて1月5日、東京体育館にて春高が開幕。 椿原戦(26 - 28巻) 迎えた神奈川県代表・椿原学園高校との初戦、烏野は慣れないコートの床と天井により空間認識を乱されつつも、対応した後は実力を発揮し危なげなく勝利をあげた。 稲荷崎戦(28 - 33巻) 大会2日目、宮侑を擁しインターハイ準優勝を誇る「最強の挑戦者」、兵庫県代表の稲荷崎高校と対戦。烏野は試合序盤から侑やその双子の弟・治、高校トップ5のスパイカー・尾白アランなど全国トップクラスの選手らが繰り出す超高校級のプレーの数々に圧倒される。しかし、セッターとしてのみならずバレーボールプレーヤーとしての能力を解放させた影山を始め、完璧なレシーブを体得した日向、その他田中、西谷など各メンバーが成長を見せたことで、最終セットまでもつれ込んだ試合は烏野が制した。 音駒対早流川戦(30巻) 烏野が稲荷崎と激戦を繰り広げる頃、音駒は猫又の元教え子が率いる石川県代表の早流川工業高校との2回戦を戦う。音駒同様狡猾さと粘り強さを備えた早流川は音駒の「頭脳」である孤爪をフィジカル面から崩すことで音駒の攻略を目論んでいたが、それを上回る狡猾さと負けず嫌いさを持つ孤爪はその機転で作戦を逆手に取り、音駒が勝利。 音駒戦(33 - 37巻) 大会3日目、烏野はライバル・音駒との公式戦初対決に挑む。ついに全国大会での「ゴミ捨て場の決戦」が実現したのであった。鍛錬された守備に加え、自身らと同様に進化した音駒に今まで同様苦戦を強いられつつも、第2セットにて合宿・練習試合を通じて初めて音駒からセットを取ると、フルセットの末烏野が辛勝を果たした。 梟谷対狢坂戦(37 - 38巻) 烏野の勝利を見届けた木兎光太郎率いる梟谷学園は、全国三大エースの1人・桐生八を擁する狢坂高校と対戦。狢坂の策略に揺さぶられ本来の調子が出ず苦戦する梟谷セッター・赤葦京治であったが、木兎の激励もあって立ち直り勝利を果たした。 鴎台戦(38巻 -) 大会3日目の第2戦、ユース候補合宿参加者でもある「現・小さな巨人」星海光来を擁する鴎台高校と対戦。

おすすめアニメ:
ぼのぼの
閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-
おジャ魔女どれみ♯
恋と嘘
恋愛暴君
TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-
CØDE:BREAKER
のだめカンタービレ フィナーレ
洲崎西 THE ANIMATION
デート・ア・ライブ アンコール
宮河家の空腹
のんのんびより 沖縄へ行くことになった
The Venus Wars Movie
マケン姫っ!通
ロックマンエグゼ Axess
ささめきこと
ヒカルの碁 お正月スペシャル
べるぜバブ
ロボティクス・ノーツ
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ドリフターズ・オブ・ザ・デッド
ゲットバッカーズ 奪還屋
Cannon Busters
ガンパレード・マーチ -新たなる行軍歌-
海の闇、月の影
Aチャンネル 鍋を食べよう